×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中学受験のツボ

中学校は義務教育ではありますが、偏差値の高い中学に入っておけば、その後の高校受験・大学受験が楽になります。中学受験の勉強法や塾、家庭教師の選び方。

  • seo

コンテンツタイトル

中学受験はここ数年、関東エリアや関西エリアを中心に盛んになって来ています。これは学級崩壊やイジメ、教師の質の低下、などさまざまな要因が絡み合っていると言えます。特に東京には180校近い私立中学校があり、中学受験も大変盛んになっています。その影響で、地域によっては小学校の児童の大半が受験をするため、地元の公立中学校への進学者が著しく減少し、大幅な定員割れを起こすことも少なくありません。

全国的に中学受験が最も盛んな首都圏では、倍率が10倍を超えてしまう中学校もあるなど、過熱する一方であるのが現実です。中学校は義務教育であるため、受験をしなくても公立中学校までの就学は保証されています。しかし中学受験をする児童が増加している、という背景には高度な教育を受けられる、ということの他にも、宗教的な考えを重んじる家庭の場合私立中学への進学を選択することで、信仰に基づいた宗教教育を受けることができるという理由もあります。

また、私立中学校の多くが、大学の付属であり、高校、大学への進学がエスカレーター式で保証されたり、内部進学が優遇されたりすることがあるため、 高校受験や大学受験から解放されると言うメリットから、特に女子の私立中学校への進学希望者が増えてきています。これに対し、一部の地域では、公立中学校も従来の学区制を廃止して、無試験の公立中学校入試であっても進学する中学校を選択できるという公立学校選択制が施行されるなど、入学希望者の確保に努めています。

中学受験のツボ